小さな血栓が詰まる|厄介で慢性的な腰の痛みを引き起こす後縦靱帯骨化症を治療
医者

厄介で慢性的な腰の痛みを引き起こす後縦靱帯骨化症を治療

小さな血栓が詰まる

聴診器

本格的な脳梗塞を発症する前に、その前兆を経験している人が多くなっています。脳梗塞を発症して後遺障害が出たのちにそういえばあの時確かに、あんな症状が起こっていたと後悔する人も多くなっています。脳梗塞の前触れ的な症状は、一過性虚血発作といわれています。血流が滞ることで様々な症状が現れてきます。手足がしびれたり、力が入らなくなったり、視野がかけたり、ろれつが回らなくなったり、顔の筋肉が垂れてしまったりこれらの症状は一時的な症状で、その時には短時間で収まってしまうことが多く、症状が出てしまった本人も何の心配もなくその後の生活をしていくことになります。ですから脳梗塞が起きた時にそういえばあの時と、思う人が多くなっています。

なぜこの一過性虚血発作が起こってくるかというと、そのほとんどが小さな血栓が脳内の血管に詰まってしまうことで起こってきてしまいます。小さな血栓やもろい血栓だと、詰まっていても次の心臓からの血流の流れで、流れて行ってしまったり、血液中に溶けてしまいます。ですから短時間の症状で収まってしまいあとは何もなかったような生活ができてしまうのです。この一過性虚血発作を起こす人が脳梗塞になってしまう確率は、異常に高くなっています。この脳梗塞の、前触れ的な症状が起こったときには必ず、医師の診断を受けることが大変に重要です。もうすでに小規模な、ラクナ梗塞という脳梗塞ができているかもしれません。後悔をしないためにも症状が出たら医師の診断を受けるようにしましょう。