予防をするために|厄介で慢性的な腰の痛みを引き起こす後縦靱帯骨化症を治療
医者

厄介で慢性的な腰の痛みを引き起こす後縦靱帯骨化症を治療

予防をするために

病院

塩分を大量にとってしまうと動脈硬化や、高血圧の原因になってしまいます。脳梗塞を予防していくためには食生活の中で、塩分を減らしていくことが非常に重要なことになってきます。ナトリウムの分子は水の分子と結びつく作用を持っていて、塩分を摂りすぎてしまうと血液中のナトリウムばかりでなく、水分も増加してしまい体内をめぐる血液の量が増加してしまいます。心臓は高い圧力で血液を押し出さなければならず血圧も高くなってきてしまいます。血管壁の細胞に含まれるナトリウム濃度が高くなると、血管が収縮しやすくなって、血圧の上昇につながってきます。一日の塩分摂取量は10g以下に抑えて生活することが、脳梗塞の予防には大いに役に立ちます。

お酒の飲みすぎや、喫煙の習慣は生活習慣病の誘因となり脳梗塞を招く危険性を高めてしまいます。禁酒や禁煙が望ましいのですがまずは量を控えることを心がけるようにしてください。喫煙は、脳梗塞の発症リスクを2〜4倍も高くする確かな危険因子になっています。脳梗塞を防ぐためには禁煙は大きなポイントになってきます。煙草をやめてしまうと2年以内に、脳梗塞を含めた脳血管疾患の発症危険度が下がり始めていき、5年以内には煙草を全く吸わない人と同じ程度になるといわれています。ですが長い間煙草を吸っていた人が、急に禁煙を行うということは至難の業です。脳梗塞の予防のため一日に吸う本数を段階的に減らしていって、禁煙にこぎつけていってください。最近では、禁煙外来などを設けている医療機関もあるので、通ってみると良いです。